• 印刷する

テイクオフ:インドの北部デリーとそ…

インドの北部デリーとその周辺では、25日と26日も緊張状態となる可能性がある。農業関連の新法に抗議する農家らは26日の共和国記念日を「祝う」ためにトラクターでデリーに「全力で」入り、トラクター集会を開く予定だ。

トラクターの姿は既にデリー周辺で目立ち始めている。政府はトラクター集会を阻止するため、インド最高裁に介入を求めたが同裁は拒否した。政府は農家との11回の協議を経ても解決に至っておらず、最高裁は介入すれば事態が悪化するとの見方だ。

警察が農家のデリーへの入境を管理することは困難で、農家に対する警察の圧力が大きな暴力の引き金になりかねないとの見方もあり、政府にとっては大きな悩みの種となりそうだ。政府は農家らがデリーに入り大規模な集会を開くのを阻止したいが、大きな混乱や暴力も望んでいない。政府がどんな対応をとるか注視していこう。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:農業新法に反対する農家…(03/01)

対インド貿易額、昨年は26%減の1.9億ドル(03/01)

10~12月GDP0.4%増 3四半期ぶりプラス、制限緩和で(03/01)

商船三井、LPG河川輸送で政府と覚書(03/01)

マルチスズキの輸出台数、200万台に到達(03/01)

電動三輪オメガ、10億ルピーでダッカに工場(03/01)

イートリオ、貨物用電動三輪のリース開始(03/01)

道路相が車部品国産化要請、関税上げも示唆(03/01)

主要8業種生産、1月は0.1%上昇(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン