• 印刷する

テイクオフ:香港で新型コロナウイル…

香港で新型コロナウイルスの感染者が初めて確認されてから丸1年となった23日、九龍地区の市街地の一部で、香港政府による初の地域封鎖が行われた。新型コロナの感染者が多数確認されたためだ。全員の検査結果が出るまで自宅から外出できない厳しい内容だ。

封鎖された一帯は、高齢者、低所得層、ネパールやパキスタンなど南アジア系の出身者も多い。旧式アパートが密集し、居住環境の面で感染リスクが高いと判断したという。

当日、現場の様子を見に行くと、多くのメディアが集まり、現場の様子を伝えようと「密」な取材活動を続けていたが、警察から注意される様子はなかった。封鎖対象外のエリアでは、政府の集合制限令に反して複数人数で出掛ける市民の姿が目立った。一部の人への負担が顕著となり、当事者意識の差がますます広がっているように見えた。(輝)


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ下で人と会う機会…(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

ハンセン指数、100銘柄に倍増 改革始動、来年半ばにまず80に(03/03)

20年の投資認可額、22%減の1640億リンギ(03/03)

新たに13人がコロナに感染、累計1万1032人(03/03)

政府、飲食店に食後処理専門員配置義務付け(03/03)

持ち家比率20年ぶり低さ、若者世代で顕著(03/03)

反落、金融市場のバブル懸念表明で=香港株式(03/03)

特別買収目的会社の上場制度、金融委が整備指示(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン