米企業9割弱が台湾経済楽観 「黄金期入り」の声も

米国の在台湾工商団体、台湾美国商会(AmCham Taipei、旧名:台北市美国商会)が21日発表した会員企業への調査結果によると、9割近くの企業が向こう12カ月の台湾の経済成長に肯定的な見方を示した。比率は同様の質問をした過去4年の調査で、群を抜いて高かった。新型コロナウイル…

関連国・地域: 台湾米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

世界スマホ生産、1Qは25%増の3.4億台へ(19:37)

新型コロナ感染者、977人に(18:49)

テイクオフ:「愛ちゃん」こと元卓球…(03/09)

冷めぬ訪日熱、高まる存在感 新型コロナ下の日越往来(下)(03/09)

企業の人材募集意欲高止まり コロナ収束で転職の波到来か(03/09)

TSMC、アップルからの売上高比率25%に(03/09)

IC設計各社、2回目の値上げの波発生か(03/09)

群創が衛星アンテナに注力、出荷量4倍へ(03/09)

晶心科技、21年売上高目標は前年比3割増(03/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン