• 印刷する

マニラ空港改修、資金問題なし=メガワイド

フィリピン建設大手メガワイド・コンストラクションのエドガー・サーベドラ会長兼最高経営責任者(CEO)は20日、マニラ首都圏にあるニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の改修・拡張事業について、同社が率いるコンソーシアムには十分な資金力があるとして、政府に優先権取り消しの見直しを呼び掛けた。21日付マニラタイムズなどが伝えた。

メガワイドとインドのインフラ大手GMRインフラストラクチャーのコンソーシアムは2020年7月に同事業の優先交渉権を得たが、12月にマニラ国際空港公団(MIAA)が無効にした。優先権取り消しの理由は明示されていないが、1,090億ペソ(約2,350億円)に上る事業費をコンソーシアムが負担できないと、政府が懸念していることが一因とみられている。

メガワイドは決定見直しを求める書簡を政府に送付済みで、現在は回答を待っている。サーベドラ会長は、資金力を巡る政府の懸念について、GMRが追加で資金を投入するほか、メガワイドが複数の銀行と融資を交渉中で、必要な資金を確保できると主張。政府に損害が生じるような事態は生じないとして、事業推進に問題はないと強調した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2651人、計57万1327人(17:58)

20年のFDI認可額71%減 過去最大の下落、コロナ打撃(02/26)

テイクオフ:長引くコロナ禍に、最後…(02/26)

コロナ感染新たに2269人、計56万8680人(02/26)

経済活動拡大を検討、現行の外出制限下で(02/26)

完成車の輸入制限、適用除外国を削減(02/26)

ワクチン接種意向、成人の2割=比大調べ(02/26)

1月の国際収支、7.5億ドルの赤字(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン