• 印刷する

ヤンゴン初の水上マーケットを開設へ

ミャンマー最大都市ヤンゴンで、国内初の水上マーケットの開設計画が進んでいる。タイなどの水上マーケットを参考に、運河沿いを整備して観光客を呼び込めるようにする。ミャンマー・タイムズ(電子版)が20日伝えた。

水上マーケットの開設が計画されているのは、ヤンゴン川を本流とするガモエイク運河とパズンダウン運河の沿岸部。ガモエイク橋からミャヤモネで開発中の住宅地にかけての約1,600メートルを整備し、娯楽施設なども建設する。

計画を提唱したヤンゴン管区議会のニー・ニー議員によれば、自身が過去に訪れたことがある、タイ・バンコクなど周辺国にある水上マーケットのような観光地とする計画だ。「拡幅する運河沿いのスペースに出店してもらい、華やかなナイトマーケットにしたい」と語る。

管区議会は、計画案を管区政府に既に提出し、ヤンゴン市開発委員会(YCDC)は1月中に現地調査に入る。今後は地権者との交渉を進める予定だ。

地元からは、地域経済の活性化に期待する声もある一方で、マーケット周辺の環境汚染への懸念も出ている。ガモエイク運河沿いでは、周辺の工場による汚染や河岸侵食が深刻化している。

ニー・ニー議員は、河岸侵食を防ぐ取り組みも並行して進める方針を強調。水上マーケットができることで、住民の環境に対する意識も向上すると主張する。「当初は夢のような企画だったが、一歩ずつ進んでいる。ぜひとも実現したい」と抱負を述べている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り観光

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、新規確認6人=28日夜(18:44)

スー・チー氏、新たに訴追=ビデオ裁判(17:28)

政変前に「権威ある人」へ私信、軍政が弁明(16:29)

農業省、機械化推進に向け関連部局を統合へ(14:01)

〔寄り道〕クーデターへの抗議活動に対す…(13:45)

燃料輸入量削減で貿易赤字縮小へ=総司令官(13:44)

MEB銀、公務員年金の支払い業務に支障(13:44)

カレン民族、SACとCRPHを拒否の姿勢(13:27)

国軍、一方的停戦期間を3月末まで延長(13:26)

実力行使と暴力非難、日本が外務報道官談話(11:28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン