• 印刷する

銀行BPI、傘下の貯蓄銀を統合

フィリピンの商業銀行フィリピン・アイランズ銀行(BPI)は20日、完全子会社の貯蓄銀行であるBPIファミリー・セービングス・バンク(BFSB)を統合することで取締役会が承認したと発表した。年内の統合完了を見込む。

BPIのシーザー・コンシン頭取兼最高経営責任者(CEO、BFSB会長)は「850万人の顧客がBPIグループのサービスを使えるようになるほか、従業員はより幅広い業務に携わることができるようになる」と説明した。

地元紙スターによると、統合が完了すれば、BPIは総資産で国内3番手の銀行に浮上するという。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

アストラゼネカ製ワクチン、第2便が到着(17:07)

テイクオフ:ビデオ通話は問題が生じ…(03/08)

財閥アヤラ、再エネに注力 300億ペソ調達、東南ア最大狙う(03/08)

政府、モデルナ製ワクチン1300万回分確保(03/08)

コロナ感染新たに3276人、計59万4412人(03/08)

南ア型変異株、新たに52人の感染確認(03/08)

首都圏のコロナ対策見直し、感染者急増で(03/08)

アストラ製ワクチン、ラグナ州で接種開始(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン