• 印刷する

《日系進出》プリンスホテル、首都に高級ブランド

「ザ・プリンス・アカトキ・リバーサイド・バンコク」の外観イメージ(プリンスホテル提供)

「ザ・プリンス・アカトキ・リバーサイド・バンコク」の外観イメージ(プリンスホテル提供)

プリンスホテルは20日、タイの首都バンコクに進出すると発表した。同社の海外高級ホテルブランド「ザ・プリンス・アカトキ」を冠したホテルを、2022年3月までに開業させる計画だ。

高架鉄道(BTS)ダークグリーンライン(シーロム線)サパンタクシン駅から徒歩10分のチャオプラヤー川沿いに、「ザ・プリンス・アカトキ・リバーサイド・バンコク」を開業させる。客室数255室で、レストラン・バー6店、会議室6室、スパ、プール、クラブラウンジなどの施設を計画している。

ホテルの建物所有者は地場不動産開発会社リバー・ガーデン。バンコクに拠点があるバンコク・ホスピタリティーがホテルの経営、プリンスホテル傘下のステイウェル・ホスピタリティ・ホールディングスが運営をそれぞれ担う。

ザ・プリンス・アカトキは、世界の富裕層を主なターゲットとし、海外において和のデザインや日本の文化的要素を取り入れたサービスを提供することを目指したブランド。バンコクでの開業は、英国・ロンドン(19年開業)、中国・広州(21年秋開業予定)に続く3都市目となる。

昨年からの新型コロナウイルス感染症の流行によって外国人旅行者が激減しているバンコクだが、プリンスホテルの小山正彦社長は声明で、「先進的な成長を遂げる国際都市バンコクで、プリンスホテルのファンを増やしていきたい。新型コロナ後を見据え、日本とバンコクの相互連携も強化していく」とコメント。広報担当者は、NNAに対し「むしろこうした時期だからこそ、ホテルの所有者、経営者、運営者が知恵を出し合い、より良いサービスを提供できるように工夫していく」と説明した。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

財務省、政府の臨時職員に給付金を計画(15:32)

テイクオフ:2月はビットコインなど…(03/01)

【ウィズコロナ】日本人家族に最適の住空間を サハ東急、サービスアパート拡張(03/01)

国際線の乗り継ぎ・一時寄港、1日から許可(03/01)

豊通、通勤バスのスマート化へ地場と提携(03/01)

発電公団、電動フェリーの試験運航で覚書(03/01)

倉庫公団、冷温倉庫開発で民間4団体と覚書(03/01)

主要道路の速度制限、4月から最高120キロに(03/01)

三菱商事、ラビットカード運営会社と提携(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン