台カ、21年上期は空海ともに運賃高止まり

台湾のフォワーダー(貨物利用運送事業者)、台カ国際投資控股(カ=馬へんに華)は19日、「2021年上半期(1~6月)は航空輸送、海上輸送ともに運賃が高止まりする」との見通しを示した。航空旅客便の減少と新型コロナウイルス感染症向けワクチンの空輸需要の高まりが背景。中央…

関連国・地域: 中国台湾アジア欧州
関連業種: 医療・医薬品運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:医療用ウィッグのために…(03/08)

東南・南アジア投資が加速 脱中国、RCEPも見据え(03/08)

台湾の長栄航空、プノンペン便の運航再開(03/08)

FII、中国河南省周口に新工場設置へ(03/08)

南電、今年の資本的支出80億元超に(03/08)

台湾サムスン、セブンにディスプレー供給(03/08)

威剛、DRAM価格の上昇幅拡大へ(03/08)

ラーガンの2月売上高、直近2年で最低(03/08)

立積、WiFi6向けFEMの出荷増へ(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン