• 印刷する

「微信」登場から10年、1日10.9億人が利用

インターネットサービス大手の騰訊控股(広東省深セン市、テンセント)が展開するチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」が今月、リリースから10年を迎えた。同社の高級副総裁(上級副社長に相当)で、微信事業グループの総裁を務める張小竜氏は19日、記念講演を行い、毎日10億9,000万人がウィーチャットを利用していると明らかにした。

IT情報サイトのIT之家、ネットメディアの澎湃新聞などが伝えた。1日当たりの利用者ではこのほか、◇3億3,000万人がビデオ通話を利用◇7億8,000万人が投稿内容を共有できる「朋友圏(モーメンツ)」を閲覧◇1億2,000万人がモーメンツに投稿◇4億人がウィーチャット内で動くアプリ「小程序(ミニプログラム)」を使用――していると紹介した。

テンセントが1999年に立ち上げたインスタントメッセンジャー「QQ」は当時一世を風靡(ふうび)し、右肩上がりにユーザー数を伸ばしていたが、パソコン向けに開発されていたため端末の主流がスマートフォンに移行するにつれてユーザー離れが進み、11年にはユーザー数が減少に転じた。代わって稼ぎ頭となったのがスマホ向けに開発したウィーチャットで、同年1月にサービスを開始。スマホの利用者拡大とあいまってユーザー数を増やし、月間アクティブユーザー数は20年9月末時点で12億1,280万人まで拡大した。


関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

世界スマホ生産、1Qは25%増の3.4億台へ(18:47)

中国政府、RCEPの国内批准を完了(17:19)

コロナワクチン、13種が臨床試験中(17:05)

新型コロナ、新規国内感染は22日連続ゼロ(17:05)

冷めぬ訪日熱、高まる存在感 新型コロナ下の日越往来(下)(03/09)

テイクオフ:ハーフマラソンを申し込…(03/09)

新型インフラで5カ年計画 発改委、投資による経済成長期待(03/09)

TSMC、アップルからの売上高比率25%に(03/09)

「春運」旅客数は8.7億人、前年比4割減(03/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン