第2波対策の給付金を承認、7300億円規模

タイ政府は19日の閣議で、新型コロナウイルス流行の第2波を抑制するために実施した経済・社会的な制限措置に伴い、影響を受けている国民への給付金の支給を承認した。予算総額は2,100億バーツ(約7,300億円)。20日付バンコクポストが報じた。 スパタナポン副首相兼エネルギー相…

関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品金融運輸IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

鶏卵輸出に補助金1.8億円、価格回復に期待(18:48)

テイクオフ:2020年ミス・ユニバ…(03/08)

航空3社、20年は5400億円赤字 コロナ禍で相次ぎ破綻、苦境続く(03/08)

1カ月ぶりに確認、2人が新型コロナ感染(03/08)

今月末のモーターショー、成約目標710億円(03/08)

タイ日産の社長交代、4月に関口氏就任へ(03/08)

発電EGCO、5年間に5340億円の投資計画(03/08)

エネ規制委、原油高も燃料調整金を据え置き(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン