• 印刷する

テイクオフ:「院内感染」という文字…

「院内感染」という文字を見ると、どうしても2003年の台湾での重症急性呼吸器症候群(SARS)流行を連想してしまう。それは台湾メディアも同様で、桃園市の病院で新型コロナウイルス感染症の院内感染が発生して以来、SARSの際に封鎖され多くの死者を出した和平医院の当時の映像をテレビで見かけるようになった。

閉ざされた窓に貼られた手書きのSOSや助けを求める人のまなざし、物々しく張り巡らされた立入禁止のテープを見ると、胸がえぐられるような気持ちになる。「二度と同じ悲劇を繰り返さない」「SARSの教訓を生かす」。コロナ発生後、多くの関係者がこの言葉を口にしたのもうなずける。

台湾人に刻まれた当時の記憶が、現在の防疫意識につながっている。あとは政府がどう拡大を食い止めるか。「世界一安全な場所」を称してきた台湾の手腕が試されている。(妹)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

FII、中国河南省周口に新工場設置へ(03/05)

日本人留学生が10年で3倍超 仲介業が発達、企業は卒業生狙う(03/05)

TSMC、ウエハー1枚売上高が業界最高(03/05)

鴻海の2月売上高が8割増、同月過去最高(03/05)

エイサー、PC供給が7割不足(03/05)

遠伝と亜太、基地局2千局を増設へ(03/05)

半導体設備投資、今年台湾首位か=SEMI(03/05)

NCCが5G網拡充に補助、2年で155億元(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン