リオ、鉄鉱石増産で純益は9年ぶり高水準か

英豪資源大手リオ・ティントは19日、最新の生産報告を発表し、2020年度(暦年)の鉄鉱石生産量が3億3,060万トンと前年度比1%増となった。鉄鉱石の出荷量は、2%増の3億3,340万トン。アナリストの間では、好調な鉄鉱石相場を背景に、来月発表の通期決算でリオの純利益が約120億…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニー中央商業地区(…(03/03)

東部2州でワクチン接種が低迷 連邦の配布計画に州から不満も(03/03)

〔オセアニアン事件簿〕QLD北部沖でサイクロン、浸水被害広がる(03/03)

NT、国内観光促進キャンペーンに250万$(03/03)

REX、ブリスの代わりにGC便就航へ(03/03)

豪航空業界、給与補助受給額が10億$超に(03/03)

〔オセアニアン事件簿〕豪閣僚にレイプ疑惑、首相「警察の問題」(03/03)

衣料品ジャストG、ジョブキーパー不正受給か(03/03)

メルボのドックランズ店舗、昨年に5割が閉鎖(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン