• 印刷する

楽天国際商業銀行が営業開始、初のネット銀

楽天は19日、楽天銀行や楽天カードなどが出資する台湾のインターネット専業銀行の楽天国際商業銀行が営業を開始したと発表した。台湾初のネット専業銀行が開業したことになる。

聯合報などによると、当面はオンラインでの口座開設や預金、アプリを使った振り込み、融資の即時審査といった金融サービスを手掛ける。口座を開設した市民には銀行カードが送付され、日本のATM(銀行自動預け払い機)を使って日本円を引き出すことができる。楽天の優遇プログラム「ハッピープログラム」に基づいて、金融サービスの利用者に楽天ポイントを付与する。今年6月末までは開業を記念した各種優待サービスを展開する。

楽天国際商業銀行は楽天銀行と楽天カード、台湾の中堅金融持ち株の国票金融控股(IBFフィナンシャル・ホールディングス、国票金)が出資する。昨年12月に営業ライセンスを取得していた。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 金融IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ギョク太、テスラのサプライヤー入り認める(02/26)

新型コロナ感染者、955人に(00:52)

輸出額、5カ月連続でプラス 7%増、1月として過去最高記録(03/01)

小売業の売上高が過去最高 1月の商業3業種、卸売も高水準(02/26)

TSMCの世界シェア、1Qは56%に拡大へ(02/26)

AI広告のエイピア、3月末にマザーズ上場(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン