• 印刷する

偽の陰性証明を販売、空港関係者15人を逮捕

スカルノ・ハッタ空港警察は、コロナ検査証明書の偽造事件について会見を開いた=18日(同空港警察提供)

スカルノ・ハッタ空港警察は、コロナ検査証明書の偽造事件について会見を開いた=18日(同空港警察提供)

インドネシアの首都ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港の関係者を含む15人が18日、新型コロナウイルス検査の陰性証明書を偽造・販売した容疑で警察に逮捕された。地元各紙が伝えた。

スカルノ・ハッタ空港警察によると、首謀者は52歳の元空港警備員。国内線の出発ターミナルで搭乗者に近付き、検査証明書類の販売を持ちかけていた。実際には検査を行わずに偽の陰性証明書を検査機関の名義で作成し、1通当たり110万ルピア(約8,150円)で販売していた。他にも空港の元ボランティア、空港で新型コロナの迅速抗原検査を担当する企業の従業員などが偽造に関わっていた。

容疑者らは、昨年10月から偽造書類の販売を開始。同12月下旬からこれまでに、少なくとも28通の陰性証明を偽造したことが確認されている。裁判で有罪が確定した場合は、最大6年の禁錮刑が科される。

インドネシアでは現在、航空機への搭乗に際して新型コロナの陰性証明書の提出が求められている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ECの価格設定に関する規制導入へ=貿易相(03/05)

FB、インドネシアでも政治広告を縮小へ(03/05)

短工期を支える日本の技術 西ジャワ新港、地盤改良と連絡橋(03/05)

配当への所得税を免除、国内再投資を促す(03/05)

IT大手2社の合併、条件付き売買合意か(03/05)

交通インフラ開発の加速、投資公社に期待(03/05)

産業用原料の水産品と塩、輸入規制を強化(03/05)

UTのコマツ製重機販売、1月は14%減少(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン