• 印刷する

テイクオフ:インターネットの普及に…

インターネットの普及により、インドの都市部と農村部にあった情報格差はほとんど解消されたといって良さそうだ。

ある村の小売店の店主は、大部分の商品をアマゾン・コムといった電子商取引(EC)サイトで調達していると話す。以前は都市部まで買い付けに出かけていたというから、だいぶ仕事が楽になったのではないか。ECに出店する卸売業者の数は、日々増加しているという。

販売の面でも農村部でのEC活用は進む。あるスタートアップはソーシャルメディアを使って、農家と消費者を結びつけるビジネスを展開。スタートアップが取り扱う農産物の詳細を投稿し、購入を希望する消費者に農家の連絡先を共有する仕組みだ。

さらに北東部トリプラ州の遠隔地では、学生がネットでLED電球の製造技術を学び、起業。ネットで材料を仕入れて生産を始めたというからすごい。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド北部のハリヤナ州…(03/08)

東南・南アジア投資が加速 脱中国、RCEPも見据え(03/08)

日鉄合弁、製鉄所新設へ 5千億ルピー投資の可能性も(03/08)

助手席エアバッグ、新車は4月から義務化(03/08)

高速鉄道、グ州で工事先行の可能性(03/08)

ジェットの発着枠、取得は要申請=航空局(03/08)

倉庫需要、21年は2.6倍に拡大=JLL(03/08)

豪がインドと貿易強化へ、対中摩擦の穴埋め(03/08)

ITウィプロ、英同業を14.5億米ドルで買収(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン