• 印刷する

テイクオフ:1月6日の夜から降り始…

1月6日の夜から降り始めた雪は翌日まで降り続き、ソウルでは約20センチの積雪があった。突然の雪に道路はまひし、強い冬風の中、歩いて帰宅する人の姿が多くみられた。

そんな大人の心を温めたのが「雪の芸術」だ。コロナ禍のご時世とあって、マスクやフェースシールドを付けた雪だるまはSNSなどで注目を集めた。また、公園やマンションではアヒル型の雪玉が所々で登場。雪玉製造機と呼ばれるおもちゃが「かわいい」と子どもの間で流行となり、ネットでは瞬く間に品切れ状態となった。

小さい頃は雪が降るとうれしくて、夜中でもしばらく空を眺めていた。しかしいつの間にかその心は薄れて、雪空よりも交通状況の心配をしてしまう。雪だるまはそんな退屈な大人の考えを一掃し、幼少期を思い起こさせる。誰かが作った雪の芸術は、また誰かを笑顔にする。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者398人、3日ぶりに400人未満(03/05)

ワクチン接種後に2人死亡、累計7人に(03/05)

半導体の微細化競争が激化 サムスン後塵、新技術で追い上げ(03/05)

コロナ感染者424人、2日連続で400人台(03/05)

ワクチン接種後に3人死亡、累計5人に(03/05)

20年のGDP1.0%減、速報値と変わらず(03/05)

消費者物価1.1%上昇、1年ぶりの高水準(03/05)

苦難続くLCC、政府が190億円を追加支援(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン