最大120万世帯が貧困の危機、活動制限令で

マレーシア政府系投資会社カザナ・ナショナルの調査部門、カザナ・リサーチ(KRI)は、新型コロナウイルスの感染抑止策として国内各地に厳格な活動制限令が再び敷かれたことで、最大120万世帯が貧困の危機にさらされるとの見方を示している。マレーシアン・リザーブが伝えた。 …

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務による運動不足…(03/08)

東南・南アジア投資が加速 脱中国、RCEPも見据え(03/08)

ドンキ1号店、19日開業 首都の商業施設「ロット10」で(03/08)

RM1=26.6円、$1=4.07RM(5日)(03/08)

エアアジア、ドローン配送で政府機関と提携(03/08)

首都空港、民間の新型コロナ検査導入へ(03/08)

国営電力テナガ、越の太陽光発電に参入(03/08)

サラワク電力、ペトロナスと電力供給契約(03/08)

マレーシアから電力輸入、試験事業を公募(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン