• 印刷する

電力インフラ整備着々、東部州で変電所稼働

カンボジア電力公社(EDC)は、東部トボンクムン州で初の変電所を稼働させた。230キロボルト(kV)の送電線の利用も、併せて開始した。プノンペン・ポスト(電子版)が17日に伝えた。

同変電所は中国重型機械(CHMC)が建設し、今月14日に試運転に成功。このほど稼働にこぎ着けた。同州にはこれまで変電所がなく、電力は南東部のコンポンチャム、プレイベン両州とベトナムから供給されていたが、今後は新たに架設した送電線を通じて州内全域やプレイベン州への給電が可能になる。当初の送電能力は115kV。次の段階で新たに115kVを追加し、南東部スバイリエン州への送電も実施する計画だ。

カンボジアでは現在、34カ所の変電所が稼働している。政府は国内全域で電力供給が可能な態勢を構築するため、積極的に電力事情の改善を推進。今月には首都プノンペンに隣接する南部カンダル州ルベアエムで、総出力が400メガワット(MW)の火力発電所を稼働した。

昨年の国内電力消費量は、新型コロナウイルス感染症の影響による経済活動の低迷で前年比10~12%の減少となった。EDCは新型コロナの感染確認前、今年の電力需要が過去最高の2,500MWに達すると予測していた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都のクラスター感染、約100人増(03/01)

対インド貿易額、昨年は26%減の1.9億ドル(03/01)

中国人編集長、虚偽報道で国外退去処分に(03/01)

クラスター拡大続く、南部のホテル閉鎖も(02/26)

シェブロン、給油所100カ所増設へ(02/26)

今年のEC市場は2.2億ドルに、新規参入も(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン