ラオスで新書記長選出、党大会閉幕

【バンコク共同】ラオスで一党独裁を堅持するラオス人民革命党の第11回党大会は15日、トンルン首相(75)を党最高ポストの書記長に選出して閉幕した。 国家主席(大統領)を兼務する党序列1位のブンニャン書記長(83)は高齢を理由に引退した。最高指導部の政治局メンバーは11人…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

翔栄クリエイト、太陽光発電所の建設請負(04/12)

1~2月の国境貿易4%増、ミャンマー低調(04/12)

地場企業、南部県の太陽光発電で政府と覚書(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン