• 印刷する

テイクオフ:改装工事中のサリナ百貨…

改装工事中のサリナ百貨店からお宝発見! 先週こんなニュースが舞い込んだ。見つかったのは、高さ3メートル、幅12メートルもの巨大な石のレリーフ。百貨店の機械室に放置されたままになっていた。

インドネシア初の百貨店として、日本の戦後賠償で建設されたサリナ百貨店。巨大レリーフも、芸術品をこよなく愛したスカルノ初代大統領が制作を依頼したとの説もある。50年以上も前の作品だが、ほぼ原形をとどめている。

サリナ百貨店は改装後、大型複合施設に生まれ変わる計画だ。工事現場を視察したエリック国営企業相は、レリーフを修復して改装後に展示するように指示した。工事は8月の独立記念日の完工を目指して急ピッチで進む。リニューアルした近代的建物と、歴史ある芸術作品がどんな風に融合して展示されるのか。新名所の再オープンが待ち遠しい。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアには300…(03/04)

西ジャワ新港、本格運営は先 先行開業も道路インフラ課題(03/04)

カラワン県の2人から変異株を確認(03/04)

コロナ最新状況、日本人会で大使館が説明(03/04)

日系自動車メーカーに輸出強化を依頼(03/04)

ホンダ、「シティハッチバックRS」を発表(03/04)

ドコモと協和エクシオ、東南アの5Gで協業(03/04)

国営企業への資本注入、大臣令を今週公布(03/04)

国営港湾とDHL傘下、北スマトラ州で協業(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン