• 印刷する

テイクオフ:「レジ袋? もう販売し…

「レジ袋? もう販売していませんよ」。上海市内にある欧州系スーパーで精算時、レジ袋を買おうと思ったら販売を停止していた。

近所の別のスーパーでも、年明けから使い捨てのレジ袋を廃止し、再利用可能なバッグのみを提供するようになった。コンビニでは気が付けばプラ製ストローが姿を消し、あるとすれば紙製だけ。中央政府が昨年出した、小売業者に対し使い捨てプラ製品の使用状況を報告させる規定が効果を上げているのだろうか。以前は「上に政策あれば下に対策あり」などと言われた中国だが、最近は「やると決めたら素早く、とことんやる」場面も多いように思う。

久しぶりに買い物に出ただけで、まるで違う都市に来たような錯覚を覚える。コロナが収束し往来が正常化すれば、久々にこの地を訪れる出張者は中国の変化のスピードに改めて目を見張ることだろう。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

NEV世界販売、21年は390万台=集邦(19:37)

財新サービス業PMI、2月は51.5に低下(17:25)

ホンダ新車販売、2月は7.2倍の8.15万台(18:49)

新型コロナ、新規国内感染は16日連続ゼロ(17:08)

テイクオフ:中国南部のリゾート地、…(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

ハンセン指数、100銘柄に倍増 改革始動、来年半ばにまず80に(03/03)

CO2削減で行動計画 国家電網、「脱炭素」に呼応(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン