伊藤忠、豪などの一般炭事業放出へ

伊藤忠商事は13日に発表した「2021~2023年度中期経営計画骨子」の中で「一般炭権益からの完全撤退」を明らかにした。同社は、オーストラリアで出資する一般炭権益を24年3月までにすべて放出する方針だ。脱炭素化の推進が理由だという。

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:我が誕生日に家族が外食…(02/25)

豪NZ便でワクチン接種証明 4月導入、国際線復活の切り札に(02/25)

ANA、シドニー週5便を7月1日まで延長(02/25)

カンタスの地方路線増強、REXが非難(02/25)

SA、メルボ大都市圏からの入境を26日許可(02/25)

連邦とFB、メディア規範の修正案で合意(02/25)

〔オセアニアン事件簿〕揺れる自由党、コロナ陰謀論の議員が離党(02/25)

ウールワース上期好調、事業分離も前進(02/25)

タイロ上期利益が過去最高、端末の決済額増で(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン