• 印刷する

低温食品、47点からコロナ検出=税関

中国税関総署の李魁文報道官は14日の会見で、税関は同日午前0時までに低温輸入食品のサンプル129万5,692点に対して新型コロナウイルスの検査を実施し、うち47点からウイルスを検出したと明らかにした。中国では、ウイルスに汚染された輸入冷凍食品が国内における感染源の一つとの見方がある。

低温輸入食品やその包装からウイルスが検出された場合、中国はそのメーカーからの輸入を一時停止する措置を取っている。李氏によると、これまでに同措置の対象となった海外メーカーは39社。このほか、従業員の新型コロナ感染が確認された21カ国の124社からも輸入を停止したという。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「レジ袋? もう販売し…(01/18)

ボケオ県の一部、中国人コロナ感染で再封鎖(01/18)

中国の投資白書、カンボジア支援を報告(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

20年旅客数、36年ぶり少なさ 業界、本土との往来再開熱望(01/18)

宅配便取扱量、20年は833億件 31%増、コロナ・EC普及で拡大(01/18)

「春運」の鉄道切符予約、例年に比べ6割減(01/18)

中国がワクチン提供表明、比中外相会談(01/18)

米、小米など9社に投資禁止(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン