20年の政府系ファンド投資額、GICが首位維持

世界の政府系ファンドによる2020年の投資額のうち、シンガポールのGICが総額177億米ドル(約1兆8,300億円)で1位だったことが、米金融情報会社グローバルSWFの報告書で明らかになった。2年連続で首位だった。 調査は438社を対象に実施。全体の投資額は新型コロナウイルス…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今の子どもたちが大人に…(03/04)

家族ビザ保有者の雇用要件強化 5月から、就労ビザ取得義務付け(03/04)

1月失業率3.2%、前月から0.1ポイント改善(03/04)

2月の製造業PMI、3カ月ぶりに低下(03/04)

契約不履行の救済申請、8600件以上に(03/04)

技術系プラットフォーム、5千万ドル助成へ(03/04)

ドコモと協和エクシオ、東南アの5Gで協業(03/04)

テナガ、シンガポール企業と再エネで提携(03/04)

ネスレ「ミロ」販売再開、供給体制整う(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン