• 印刷する

《安全》タイから帰国の労働者感染、33人に

カンボジア保健省は13日、隣国タイから帰国した労働者6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。これにより、2020年末からこれまでにタイから帰国した労働者のうち、新型コロナの陽性者は計33人となった。

クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。新規感染者6人は18~36歳で、全て女性。現在はタイと国境を接する北西部のバンテイメンチェイ州やバッタンバン州の病院で治療を受けている。

カンボジアでは年末年始(20年12月20日~21年1月9日)に、タイとの国境を通じて1万2,000人以上の出稼ぎ労働者が帰国。帰国者の感染者数が増加している。

国内の累計感染者数は398人。国籍別内訳は、カンボジア人が276人、フランス人が45人、中国人が18人など。これまでに376人が回復した。死者は出ていない。


関連国・地域: タイカンボジア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

カンダル州の発電所、電力供給を開始(01/15)

人材豊富も現地調達に課題、メコンセミナー(01/15)

首都のコンド供給、20年第4四半期は937戸(01/15)

13人が新規感染、労働者の陽性続く(01/15)

【カンボジア経済通信】フィンテックやeコマースが急速に発展 第365回(01/15)

20年の税収、前年比3.7%増の29億米ドル(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン