• 印刷する

外国人訪問者数、20年は84%減=観光省

フィリピン観光省は12日、2020年の外国人訪問者数が前年比84.0%減の132万3,956人だったと発表した。観光収入は83.1%減の814億ペソ(約1,750億円)だった。新型コロナウイルスの感染拡大により、フィリピンを含む世界各国で渡航制限が実施されたことが大きく影響した。

同省は労働雇用省とともに、新型コロナ対策法第2弾の下でコロナの影響を受けた観光業従事者に資金援助を実施。7日時点で7万7,724人に計3億8,862万ペソ分を配った。

観光省は、ボラカイ島(アクラン州)やボホール島、パラワン島のエルニドなどの国内観光客受け入れ再開に注力した。ただ新型コロナの変異種が確認され、入国規制などの厳しい状況が続くため、21年も国内観光がフィリピンの観光業を後押しするとみている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン