• 印刷する

インドラマ、再生PET防護服を歯科に寄付

インドラマ・ベンチャーズが手掛ける再生素材の個人防護具(PPE)の生産工程のイメージ図(同社提供)

インドラマ・ベンチャーズが手掛ける再生素材の個人防護具(PPE)の生産工程のイメージ図(同社提供)

タイの石化大手インドラマ・ベンチャーズは12日、ペットボトルをリサイクルした再生繊維を使って製造した個人防護具(PPE)2,100着を、タイ歯科協議会に寄付したと発表した。歯科の新型コロナウイルス感染症対策の支援を目的とし、パートナーの民間企業など9者が回収したペットボトルで製造した。

市民団体「レス・プラスチック・タイランド」が「歯科を助けるためにペットボトルを分別しよう」と題したプロジェクトを企画。複合施設「101トゥルー・デジタル・パーク」やバンコク病院、展示場「バンコク・インターナショナル・トレード&エキシビション・センター(BITEC)」、仏系タイヤ大手ミシュラン・タイランドなど9者が、ペットボトルの回収に協力した。

PPE1着には、600ミリリットルボトル18本分の再生繊維が使われている。西部ナコンパトム県にあるインドラマの工場で生産し、昨年12月に寄付した。再生PPEの品質は、タイの保健省食品医薬品委員会(FDA)から承認を受けた「レベル2」で、感染リスクが低・中度の患者の治療時に使用でき、洗濯して20回着用可能だという。

昨年8月に始まった、再生素材のPPEを医師に寄付する取り組みに続く企画として行われた。医師向けには、より防護性の高い「レベル3」とレベル2のPPEを計1万6,500着生産し、200以上の病院に届けた。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品化学天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ダウェー特区開発、政府は3カ国会談を要望(01/15)

市町村レベルの地方選、3月28日に投開票(01/15)

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(01/15)

「BCG経済」を国家目標に 環境重視、産業高度化政策と同列(01/15)

市中感染259人、死者2人(14日)(01/15)

人材豊富も現地調達に課題、メコンセミナー(01/15)

マスクや消毒液の価格統制維持へ、再流行で(01/15)

13人が新規感染、労働者の陽性続く(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン