家計債務が1年で42%増、コロナが生活圧迫

タイ商工会議所大学(UTCC)の調査によると、昨年11月の1世帯当たりの家計債務が平均48万3,950バーツとなり、前年同月の34万53バーツ(約167万円)から42.3%増加した。過去12年で最も高い水準になった。新型コロナウイルス感染症の流行による景気減速や、失業、所得の低下、…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品金融建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ人に「バンコクでお…(03/04)

クーデター翌週に輸入75%減 社会不安が影響、輸出減は限定的(03/04)

中小製造業のIoT活用支援 AOTS、人材育成を本格始動(03/04)

ヤマト、小口保冷配送でISO国際規格取得(03/04)

住宅オリジンと物流JWD、共同で倉庫開発(03/04)

タイ航空が再建計画提出、負債完済に10年(03/04)

不動産SCアセット、タイ初のICO実施へ(03/04)

10~14日に注文住宅の展示会、需要回復期待(03/04)

ドコモと協和エクシオ、東南アの5Gで協業(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン