工作機械輸出、20年は3割減 団体「底脱した」、今年反発か

台湾の工作機械団体、台湾区工具機・零組件工業同業公会(TMBA)によると、台湾工作機械の2020年の輸出額(速報値)は、前年比29.7%減の21億5,433万米ドル(約2,232億円)だった。2年連続のマイナスで、金額は11年ぶりの低水準。新型コロナウイルス感染症と台湾元高が響いた…

関連国・地域: 中国香港台湾日本米国欧州
関連業種: その他製造金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:医療用ウィッグのために…(03/08)

東南・南アジア投資が加速 脱中国、RCEPも見据え(03/08)

台湾の長栄航空、プノンペン便の運航再開(03/08)

FII、中国河南省周口に新工場設置へ(03/08)

南電、今年の資本的支出80億元超に(03/08)

台湾サムスン、セブンにディスプレー供給(03/08)

威剛、DRAM価格の上昇幅拡大へ(03/08)

ラーガンの2月売上高、直近2年で最低(03/08)

立積、WiFi6向けFEMの出荷増へ(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン