• 印刷する

セラミックタイルの輸入制限調査を打ち切り

マレーシア貿易産業省は11日、床・壁用のセラミック製タイルに対する緊急輸入制限(セーフガード)の発動に向けた調査を打ち切ったと発表した。予備調査で輸入量の急増を確認できなかった。

調査は、マレーシア製造業者連盟(FMM)のセラミック業界部門から昨年7月16日付で嘆願書が提出されたことを受け、2006年セーフガード法と関連規則に基づき、同9月から行っていた。FMMは、これら製品の輸入量が2017~19年に急増し、「国内産業が深刻な損害を受けている」と訴えていた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアで新型コロナ…(03/04)

英ワクチンは4~6月供給へ 接種計画には民間病院から異論も(03/04)

商用目的の入国申請、専用サイトを開設(03/04)

KL―ス州間の移動可能に、5日から制限緩和(03/04)

RM1=26.4円、$1=4.05RM(3日)(03/04)

環境省、放置車両などの処理施設を試験導入(03/04)

テナガ、シンガポール企業と再エネで提携(03/04)

玖龍紙業、工場新設など54億リンギ投資(03/04)

韓国と東南アのコンテナ量、1月は6%増(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン