• 印刷する

テイクオフ:クリスマスプレゼントに…

クリスマスプレゼントに、加盟するレストランで使える100豪ドル(約8,000円)のバウチャーをもらった。せっかくなので少々奮発しようと、オーストラリア企業が運営するモダンジャパニーズレストランを昨年末に予約した。雰囲気がいいので、特別な日に利用されることが多いという。

当日、シドニーで新型コロナの再流行が懸念されていたためか、街は人けもまばらだった。予約したレストランに到着し、空席だらけでも驚かないと思いつつ中に入ると、予想外に店は満席でコロナを忘れさせる活気だった。

日本食レストランが大人気なのは気分が良かったが、まさか皆がプレゼントにバウチャーをもらったわけではあるまい。コロナ禍の何でもない年末の水曜日にファインダイニングに押し寄せるオージーの心と懐の余裕ぶりに、この国の経済復興の速さの理由を見た気がした。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪通信TPG、大容量データの新格安プラン(01/16)

伊藤忠、豪などの一般炭事業放出へ(01/15)

テイクオフ:周囲に70歳代以上の知…(01/15)

豪世帯・企業貯蓄、2千億$増 「景気回復に十分な資金力」(01/15)

VICが職場復帰へ、QLDは鉱山で隔離か(01/15)

コロナ対策の企業、出社拒否の社員解雇可?(01/15)

豪政府、ワクチンの追加確保に奔走(01/15)

中国企業の投資、豪政府が阻止を拡大(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン