AIチップの北京地平線、4億米ドル調達

スマート運転用人工知能(AI)チップメーカーの北京地平線機器人技術研発(ホライズン・ロボティクス)は7日、複数の機関投資家から4億米ドル(約415億円)を調達したと明らかにした。ネットメディアの澎湃新聞が伝えた。 出資したのは、米電気自動車(EV)メーカーのテスラ…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

豪1Qの対中輸出が21%増、輸入制限尻目に(18:16)

李首相が米企業家と会談、巨大市場アピール(17:13)

テイクオフ:思っていたよりも大勢の…(04/14)

1~3月の貿易額38%増 輸出5割増、コロナ反動で(04/14)

ネット企業の地位乱用を根絶へ、当局表明(04/14)

ディスプレーの材料や設備、輸入関税を免除(04/14)

消費促進キャンペーン、5月開催(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン