アンボンから日本に新空路、輸送時間が半減

インドネシア海洋・水産省所管の水産物権益・品質安全管理局(BKIPM)は、マルク州アンボン島から日本への新空輸路線が就航したと明らかにした。これにより、アンボンの水産品をこれまでの約半分の時間で空輸することが可能になったという。国営アンタラ通信が7日伝えた。 …

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:幼い頃、塗り絵が好きだ…(03/03)

ベンチャー投資、誘致に気運 成功例少なく体制作りが課題(03/03)

ASEAN加盟国の非難強まる ミャンマー情勢、主要国が自制要請(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

酒造業への投資容認を撤回 大統領、宗教団体からの反対受け(03/03)

英国型変異株、インドネシアでも初確認(03/03)

民間ワクチン、政府の先行接種と違う4種で(03/03)

コロナ後はデジタルと人材開発が鍵=シンポ(03/03)

政府調達、小企業の上限額を6倍に引き上げ(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン