ドラゴンフルーツ輸出、中国依存から脱却を

ベトナム産ドラゴンフルーツの輸出で、新たな市場開拓が求められている。中国市場への偏重が、新型コロナウイルスなど予期せぬ事態下での打撃を拡大しているためだ。国営ベトナム通信(VNA)が伝えた。 ドラゴンフルーツの2020年1~11月の輸出量は、新型コロナの影響から前年…

関連国・地域: 中国ベトナム
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ下の飲食、衛生で明暗 中高価格帯の店舗、集客後押し(02/26)

【ラオス経済通信】総選挙実施、ベトナムとの国際国境開設も 第158回(02/26)

市中感染7人、ホーチミン市は全閉鎖を解除(02/26)

1~2月のFDI流入、16%減の55億ドル(02/26)

1月の港湾取扱量、17%増の6200万トン(02/26)

越航空、ロンタイン空港関連事業に投資計画(02/26)

タンソンニャット空港、30年までの計画変更(02/26)

テト期前後の定時運航率、バンブー航空首位(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン