• 印刷する

テロ監視強化へ新部門、大手IT企業と連携

シンガポール警察は、フェイスブックなど大手IT企業と連携し、テロなどをインターネット上で監視する新部門「オンライン・インダストリー・セーフティー・アンド・セキュリティー・ウオッチ・グループ(オンラインiSSWG)」を立ち上げた。

新部門は、フェイスブックやグーグル、現地の配車サービス大手グラブなど15社が加盟する業界団体アジア・インターネット連合(AIC)と連携。会員制交流サイト(SNS)などで流れる情報を共有し、テロを未然に防ぐ。

テロの脅威がネットを通じて拡散していることを受けた措置となる。オンライン詐欺などサイバー犯罪の取り締まりにも役立てる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ禍の所得が改善基調に 経済・労働市場回復で=銀行調査(03/05)

低所得層の賃金モデル、適用対象2.6倍へ(03/05)

飲料容器代の預かり金制度、23年に導入(03/05)

福岡・兵庫県産の鶏肉、輸入停止措置を解除(03/05)

農業食品分野に48億円拠出、自給率向上へ(03/05)

ディーゼル車の新規登録、25年に廃止(03/05)

EVタウン構築へ、公営住宅に充電設備完備(03/05)

カンボジア政府、物流YCHに施設開発発注(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン