• 印刷する

首都の飲食店、午後9時以降の店内飲食禁止

タイの首都バンコクできょう5日から、新型コロナウイルス感染症対策に伴い、飲食店での午後9時以降の店内飲食が禁止となる。適用期間は1月31日まで。当初バンコク首都庁(BMA)が午後7時以降の禁止を発表したが、タイ・レストラン協会の反対を受けて、プラユット首相が変更した。

屋台や食堂、商業施設内のレストランなど全ての飲食店が対象となる。午前6時~午後9時は店内飲食が可能。午後9時以降は店内飲食を禁止し、テークアウトと出前のみとする。各飲食店には、感染防止のため客同士が十分な距離を保てるようにテーブルを設置するよう呼び掛け、引き続きアルコール類の提供を禁止するとした。

バンコクでは、新型コロナの感染拡大を受けて、2日からバーやパブ、娯楽施設、ボーリング場、インターネットカフェ、フィットネスジム、ムエタイ競技場、宴会場、スパ・マッサージ店などが閉鎖された。また、教育省の命令により学校も1月31日まで休校となっている。


関連国・地域: タイ
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ人に「バンコクでお…(03/04)

クーデター翌週に輸入75%減 社会不安が影響、輸出減は限定的(03/04)

中小製造業のIoT活用支援 AOTS、人材育成を本格始動(03/04)

ヤマト、小口保冷配送でISO国際規格取得(03/04)

住宅オリジンと物流JWD、共同で倉庫開発(03/04)

タイ航空が再建計画提出、負債完済に10年(03/04)

不動産SCアセット、タイ初のICO実施へ(03/04)

10~14日に注文住宅の展示会、需要回復期待(03/04)

ドコモと協和エクシオ、東南アの5Gで協業(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン