• 印刷する

《日系進出》買取「なんぼや」KLに初出店

ブランド品の買い取りやオークション事業を展開するバリュエンスホールディングス(東京都港区)は24日、マレーシアでブランド品の買い取り専門店「なんぼや」の同国1号店をオープンした。首都クアラルンプール(KL)の商業施設「プラザ・ダマス」内に出店した。海外展開は香港、インドネシア、シンガポールに続き4カ国・地域目となる。

マレーシアの「なんぼや」は、香港に拠点を置くグループ企業のバリュエンスインターナショナルが現地同業他社との協業で運営する。富裕層の利用を見込み、高級ブランドのバッグや時計のほか、貴金属などを買い取る。バリュエンスインターナショナルの広報担当者はNNAに対し、持ち込まれたブランド品は店舗スタッフを介して、オンラインでバリュエンスインターナショナルの査定担当者が確認し、買い取り価格を決定すると説明。「その場で現金化できるのが強み」(広報担当者)で、売却時期が読みづらいオンラインの売買サイトに比べ、利便性が高いとみている。買い取った商品は、同社グループが運営するBtoB(企業間取引)のオークションに出品する。

同社は、今年8月にインドネシア、同9月にシンガポールに進出した。来年1月にフィリピン(上旬)、タイ(中旬)にも出店する予定だ。広報担当者によると、買い取りビジネスは、景気が悪ければ現金化の手段、景気が良ければ買い替えニーズによる下取りの手段となり、景気に左右されない。コロナ禍での出店については、「シンガポールの出店時期が多少ずれ込んだが、マレーシアは影響がなかった」と話した。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務による運動不足…(03/08)

東南・南アジア投資が加速 脱中国、RCEPも見据え(03/08)

ドンキ1号店、19日開業 首都の商業施設「ロット10」で(03/08)

RM1=26.6円、$1=4.07RM(5日)(03/08)

エアアジア、ドローン配送で政府機関と提携(03/08)

首都空港、民間の新型コロナ検査導入へ(03/08)

国営電力テナガ、越の太陽光発電に参入(03/08)

サラワク電力、ペトロナスと電力供給契約(03/08)

マレーシアから電力輸入、試験事業を公募(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン