• 印刷する

通信大手2社、来年4千カ所で基地局整備

フィリピンの通信大手2社は、2021年に携帯電話の基地局を2社合わせて4,000カ所設置することを明らかにした。ビジネスワールドなどが伝えた。

グローブ・テレコムは顧客サービスの向上に向け、来年に全国24カ所の地方自治体で計2,000カ所の基地局を整備する。一方、PLDTは傘下の携帯電話会社スマート・コミュニケーションズを通じ、2,000カ所に基地局を設置する。スマート・コミュニケーションズは今年、新たに700カ所の基地局運用を開始した。

PLDTは、来年に固定ブロードバンドサービスの提供地域も拡大したい考えで、設備の増強を予定している。現在、同社の光ファイバー網の総延長は42万2,000キロメートル強に拡大している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:1月に新型コロナウイル…(06/28)

複合メトロパシ、酪農に参入 7億円で地場買収、輸入減らす(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新型コロナ、20~26日は新たに4634人感染(06/28)

12~17歳の追加接種見送り、保健省(06/28)

ガソリン価格28日から値上げ、4週連続(06/28)

スペースX、事業開始7月以降にずれ込み(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン