• 印刷する

《日系進出》サンワテクノス、ペナンに事務所

電子機器商社サンワテクノス(東京都中央区)は21日、マレーシアのペナン州に事務所を開設すると発表した。米中貿易摩擦の影響で中国からの生産移管先として同州の人気が高いことから、半導体装置メーカーを中心に需要取り込みを狙う。

ペナン事務所は、ペナン島南西部のバヤンバル地区に開設する。従業員2人で、来年1月4日に営業を開始する予定だ。日本企業や地場企業に対し、電気・電子(E&E)部品を販売する。マレーシアでは既に、首都クアラルンプールに現地法人があり、今後は同国を南北に分けて新規顧客を開拓していく。

サンワテクノスの管理担当者はNNAに対し、事務所新設の理由として、▽ペナン州は外資を積極誘致しており、半導体や電気・電子メーカーを中心に生産移管が進んでいること▽マレーシア政府が高付加価値製造業を誘致しており、外国企業からの投資が増加していること――を挙げた。

サンワテクノスは2019~21年の第10次中期経営計画で、「新規拠点の開設検討」を柱の一つに掲げている。同管理担当者は、今後はインドへの進出を検討しているが、「新型コロナの影響もあり具体的に進展していない」と述べた。

同社は海外で現在、中国をはじめとするアジア各地に20拠点を展開。うち、東南アジア諸国連合(ASEAN)には、マレーシア、ベトナム、フィリピン、シンガポール、タイ、インドネシアの6カ国に計7拠点を持つ。


関連国・地域: 中国タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 電機医療・医薬品その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「英米のワクチンなんか…(03/02)

コロナ収束後に議会解散へ 就任1年で首相表明、来年以降か(03/02)

双日、医療大手クオリタスに出資(03/02)

新規感染1828人、4日ぶり千人台(03/02)

RM1=26.3円、$1=4.06RM(1日)(03/02)

外国人労働者の検査期限、3月末まで延長へ(03/02)

トラベルバブル、日本を含む複数国に適用も(03/02)

病院経営IHH、20年通期は48%減益(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン