• 印刷する

ゴム農園、人手不足で半分以上が休眠中

マレーシアの小農地保有者協会(NASH)によると、同国のゴム農園の半分以上が休眠状態となっている。人手不足で、総面積120万ヘクタールのうち68万3,000ヘクタールが放置されており、2010年の38万760ヘクタールから2倍近くに増えているという。マレーシアン・リザーブが伝えた。

NASHは、マレーシアの天然ゴム主要生産国としての地位は危うくなっていると指摘する。新型コロナウイルス感染症対策の活動制限令の影響で状況はさらに悪化し、20年だけで5万ヘクタールの農地が放置された。

農地の放置で、生産量も大きく減少している。全国の19年のゴム生産は、乾燥ゴムと液体ゴム(ラテックス)を合わせて63万9,830トンと、06年の128万トンから半減した。

NASHのアブドゥル・ハリム・ハッサン理事は、「タイやベトナムなどの安いラテックスが増え、ゴム手袋メーカーなどが原料に使用しているほか、ニトリル(合成ゴム)も増えている」と、天然ゴムが押されている現状を説明した。医療用手袋に使用される天然ゴムと合成ゴムの比率は、11年に58対42と天然ゴム優勢だったが、現在は37対63と逆転しているという。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 農林・水産その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

活動制限令違反の罰金、最高1万リンギに(02/26)

ホンダ、累計100万台目指し新キャンペーン(02/26)

今年の設備投資額12億リンギ プロドゥア、SUVで首位狙う(02/26)

新規感染1924人、千人台に減少(02/26)

アプリでのワクチン接種登録、初日63万人超(02/26)

RM1=26.3円、$1=4.04RM(25日)(02/26)

イオンマレーシア、20年12月期は減収減益(02/26)

DRBハイコム、通期決算は黒字確保(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン