• 印刷する

次期政権は経済成長施策に力点、工藤教授

ミャンマーの政治経済に詳しい政策研究大学院大学の工藤年博教授(東南アジア研究)は17日、日本アセアンセンター主催のウェブセミナーで、2021年に始動する予定の第2次アウン・サン・スー・チー政権では、経済成長施策により力点が置かれると見通した。

スー・チー氏が率いる与党・国民民主連盟(NLD)は、11月8日に行われた総選挙で上下院の改選議席の83%を獲得し、15年の前回総選挙を上回る地すべり的勝利を収めた。工藤氏は、国民に軍事政権への強い拒否感が残ることに加え、過去との比較で生活水準の向上が実感されていることがNLDが勝利する要因になったと説明。新型コロナウイルスの感染拡大への対応を含め、短期的にも課題が山積する中、「次期政権では、より早く成果を出せる経済成長に力点が置かれていくとみている」と述べた。

また、民主化進展の妨げになっている現行憲法の改正については、国軍系野党・連邦団結発展党(USDP)が大敗し、国軍にとって「頼れない存在」になったことで、国軍側の改憲協議への対応がより慎重になると分析。与党との関係に緊張感が生まれる懸念もある中、来年に定年を迎えるミン・アウン・フライン総司令官の去就が大きな焦点になると語った。

5年後に80歳になるスー・チー氏の後任に関連しては、「現状ではおらず、同じようなカリスマは育成できない。スー・チー氏自身が指名するしかない」と指摘。「将来的には、党としての組織を近代化して政権を担える仕組みをつくる必要があるが、スー・チー氏が5年後に健康であれば続投するのではないか」と予測した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

軍トップ首脳会議招かず、ASEAN最終調整(03:52)

独ケンピンスキー、首都のホテル営業を停止(10/15)

新規感染1514人、前日比59人減(10/15)

スー・チー氏面会要請か、訪問の障害と軍政(10/15)

経済「当面改善せず」が4割 世銀調査、政変にコロナ追い打ち(10/15)

ASEANが緊急外相会議、軍政の対応協議(10/15)

LNG発電所2カ所が稼働低下、ヤンゴン(10/15)

「電力相」、ロシア財界に電源開発呼び掛け(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン