• 印刷する

ドンキ、海外店舗でオンライン販売開始

ECサイト「ショッピー・モール」に開設されたドン・ドン・ドンキの販売ページ(同ページのスクリーンショット)

ECサイト「ショッピー・モール」に開設されたドン・ドン・ドンキの販売ページ(同ページのスクリーンショット)

総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は、シンガポールをはじめとする海外の店舗でオンライン販売を開始する。現地の電子商取引(EC)サイトや配達サービスと連携する。

シンガポールでは、1日からEC大手ショッピーのサイト内で販売を開始したほか、16日からは配車サービス大手グラブの総合アプリを通じて注文受け付けを始めた。香港では5日から、料理宅配サービスの英系デリバルーを通じて商品を販売している。年内にタイと米国の店舗でもオンライン販売を開始する予定だ。

新型コロナウイルスの流行下で新たな生活様式が定着する中、非接触型のショッピングを好む消費者が増えていることから、オンライン販売を開始した。PPIHの広報担当者によると、今年の秋ごろから検討していたという。

シンガポールの場合、ショッピーでは注文から配達までに2~3日を要するが、グラブでは即時配達が可能という。香港では即時配達と、顧客本人が店舗に受け取りに行く選択肢を用意する。配送料金は利用するプラットフォームによって異なる。

ショッピーでは生鮮食品、菓子、酒類、日用雑貨などを幅広く取り扱う。現時点で、270~300種類の商品を掲載している。NNAが確認した範囲では、弁当や総菜は扱っていない。一方、グラブではパック寿司などの総菜類も取り扱っている。取扱商品は220~250種類という。

オンライン販売の売上高や注文数の目標は開示していない。広報担当者は「まだサービスが始まって間もない。サービスの認知度を高め、商品数を拡充して利便性向上に努めたい」と意気込みを語った。

PPIHは「ドン・ドン・ドンキ」のブランド名で、シンガポールで8店、香港で5店(18日に1店追加開業)、タイで2店を展開。米国では別のブランド名で38店舗展開している。

マレーシアや台湾でもドン・ドン・ドンキの開業準備を進めている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料運輸小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ禍の所得が改善基調に 経済・労働市場回復で=銀行調査(03/05)

低所得層の賃金モデル、適用対象2.6倍へ(03/05)

飲料容器代の預かり金制度、23年に導入(03/05)

福岡・兵庫県産の鶏肉、輸入停止措置を解除(03/05)

農業食品分野に48億円拠出、自給率向上へ(03/05)

ディーゼル車の新規登録、25年に廃止(03/05)

EVタウン構築へ、公営住宅に充電設備完備(03/05)

カンボジア政府、物流YCHに施設開発発注(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン