• 印刷する

航空会社に乗客情報の提出義務、大統領令で

フィリピンのドゥテルテ大統領は15日、出入国管理を強化するため、民間航空会社に乗客、乗務員の情報を事前に入国管理局に提出することを義務付ける大統領令に署名した。フィリピンから出発する便、同国に到着する便ともに対象となる。

国際民間航空条約(シカゴ条約)では、国際組織犯罪やテロを防止するため、各国政府と航空会社が協力して旅客の個人情報を出発国、到着国の当局に提出する事前旅客情報システムと呼ばれる制度が規定されている。フィリピンでは導入されていなかったため、これに準拠した制度を設ける。

航空会社は各便の乗客、乗務員の氏名、生年月日、性別、国籍、パスポート情報などを入国管理局に提出することを求められる。収集したデータは入国管理局と国家安全保障会議(NSC)、軍などが共有し、テロなどの水際対策に役立てる。個人情報を保護するため、情報へのアクセスを制限する。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏などの外出制限、条件付きで緩和(05/14)

地方の外出制限、南部で厳格化(05/14)

南アジアからの入国禁止延長、31日まで(05/14)

新型コロナ、新たに6784人感染(05/14)

大手企業、環境戦略に軸足 世界と足並み、動き加速も(05/14)

〔セブ通信〕空港、14~15日に国際線停止(05/14)

新型コロナ、新たに6385人感染(05/14)

ロシア製ワクチン、新たに1.5万回分到着(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン