• 印刷する

11月の訪日中国人、8カ月ぶりの1万人超え

日本政府観光局(JNTO)は16日、11月に日本を訪れた中国人旅行客数が1万8,100人だったとの推計を発表した。前年同月比では97.6%減少したが、8カ月ぶりに1万人を超えた。1~11月の累計は前年同期比88.2%減の105万800人だった。

新型コロナウイルス感染症の流行拡大により、観光客の渡航が実質的に不可能な状況が続いている。一方で、11月30日から短期出張者向けの「ビジネストラック(ファストトラック)」と駐在員など長期滞在者向けの「レジデンストラック」が運用されている。また日本政府は、中国に対する感染症危機情報のレベル2への引き下げに伴い、11月1日から中国人渡航者の上陸拒否および上陸時のPCR検査受診対象指定を解除している。ただ、中国から日本への直行便は12月以降も大幅な運休・減便が続く。

11月の訪日外国人旅行客数は、全体で97.7%減の5万6,700人。14カ月連続で前年同月を下回ったが、前月(2万7,400人)比では約2倍となった。1~11月の累計は86.2%減の405万7,200人だった。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

JAL、9月11日から北京発成田行き再開(18:31)

プロトン、EV市場に参入へ 23年第4四半期に「スマート」発売(08/19)

科学技術活用で脱炭素へ 中央が計画案、研究開発強化(08/19)

アップルウオッチ、ベトナムで生産計画か(08/19)

「電力制限は長期化せず」、中信証券(08/19)

7月電動車販売、前年比8倍の1030台(08/19)

中小のDX推進、「手本」企業を6千社に(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン