• 印刷する

日系ヒロユキ、ペットボトル再生事業拡大へ

マレーシア・ジョホール州で梱包(こんぽう)資材の製造を手掛ける日系企業、ヒロユキ・インダストリーズ・マレーシアは、2019年に開始したペットボトルのリサイクル事業を拡大させる。公立学校を中心にリサイクルの普及を図り、22年には工場の処理能力を現行の2倍となる2万トンに引き上げる計画だ。

同社は、マレーシア国内で使用されたペットボトルを回収業者から買い上げ、フレーク状に加工し、食品用のリサイクルPET(ポリエチレンテレフタレート)樹脂を製造している。リサイクルPET樹脂製造工場は、国内初の取り組みとして、マレーシア投資開発庁(MIDA)からパイオニアステータス(特定期間の免税)を付与されている。

日本では大手飲料メーカーなどが中心となって飲料ペットボトルのリサイクルが広がっているが、マレーシアでは、まだ資源のリサイクル活動が根付いていない。ヒロユキ・インダストリーズは、教育省や国内の大手飲料メーカーと協力し、公立学校でのペットボトルリサイクル事業に取り組む計画だ。

ヒロユキ・インダストリーズは、01年にジョホール州で設立。梱包用のPP(ポリプロピレン)バンドやポリエステルバンド、ストレッチフィルムの製造販売を手掛けている。18年には梱包資材の第2工場を稼働。新規事業として19年1月にリサイクルPET樹脂製造工場を立ち上げた。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 食品・飲料化学その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアで新型コロナ…(03/04)

英ワクチンは4~6月供給へ 接種計画には民間病院から異論も(03/04)

商用目的の入国申請、専用サイトを開設(03/04)

KL―ス州間の移動可能に、5日から制限緩和(03/04)

RM1=26.4円、$1=4.05RM(3日)(03/04)

環境省、放置車両などの処理施設を試験導入(03/04)

テナガ、シンガポール企業と再エネで提携(03/04)

玖龍紙業、工場新設など54億リンギ投資(03/04)

韓国と東南アのコンテナ量、1月は6%増(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン