• 印刷する

残留農薬の検査施設、首都などに建設へ

ミャンマー農業・畜産・かんがい省農業局のイェ・ティン・トゥン局長は8日、首都ネピドーに農産物の残留農薬を検査する施設を設置すると明らかにした。施設は来年8月にも完成する見通しだ。ミャンマー・タイムズ(電子版)が9日伝えた。

施設では、農産物に残留する農薬が政府の定める基準値を超えていないか、承認済みの農薬が使用されているかどうかなどを検査する。

建設地は、ネピドーのピンマナにある農業研究所の敷地内。ネピドーのほか、中部マグウェー管区や北東部シャン州の農産物を検査対象とする。

政府は今後、最大都市ヤンゴンや第2の都市マンダレーでも同様の検査施設を建設する計画。ヤンゴンの施設ではヤンゴンや中部のバゴー管区、エヤワディ管区を対象とし、マンダレーの施設ではマンダレーやシャン州、その他北部の農産物を検査する。

イェ・ティン・トゥン局長は、「全ての農産物を検査し、基準に適合する商品には認証を与える。農家の教育や、農業関連の調査も進めていく」と述べた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー正月で恩赦、2万人超釈放(19:16)

軍トップASEAN首脳会議出席へ、24日で調整(19:16)

民主派の統一政府が発足、国軍統治揺るがす(04/16)

正月も、デモや抗議主導者の拘束加速(04/16)

ミャンマー国境輸出、21年は6%減の見通し(04/16)

ポスコ、ミャンマー国軍系と合弁解消へ(04/16)

北部で国軍100人死亡か、武装勢力と衝突激化(04/16)

国軍、シャン州武装勢力2団体との関係強化(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン