「尾牙」の通常実施が約半数 NNAの日系調査、規模縮小も

台湾で事業展開する日系企業の約半数が、「尾牙(旧暦の忘年会)」を通常通りに実施する方針を示したことが、NNAの調査で明らかになった。新型コロナウイルス感染症の域内抑制が背景とみられる。ただ地場大手企業が大規模な尾牙を中止する中、規模縮小や代替策で対応する動きも…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本にいる母は昔から、…(02/25)

1月の輸出受注が過去最高 前年比49%増、閑散期も伸び続く(02/25)

欣興、資本的支出を過去最高の270億元に(02/25)

ファウンドリー3社が給水車、生産確保へ(02/25)

ファウンドリー3社、今年売上高6百億$へ(02/25)

義隆がMCU受注を一時停止、供給できず(02/25)

車メモリー需要、向こう3年は年3割拡大(02/25)

富智康が中国北部で人材募集、スマホ強化か(02/25)

徳麦が今年2桁増収へ、中国工場稼働などで(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン