• 印刷する

ボロコプター、3年以内に空中タクシー開始

ドイツのボロコプターは、3年以内にシンガポールで「空飛ぶタクシー」のサービスを開始する(同社提供)

ドイツのボロコプターは、3年以内にシンガポールで「空飛ぶタクシー」のサービスを開始する(同社提供)

「空飛ぶタクシー」を開発するドイツの新興企業ボロコプターは9日、シンガポールで空中タクシーのサービスを開始するめどが付いたと発表した。政府当局から認可を取得次第、今後3年以内にサービス提供を始める。

開始に当たっては、シンガポール民間航空庁(CAAS)と欧州航空安全機関(EASA)から事業認可を取得する必要がある。サービス商用化に向けて、シンガポール現地法人ボロコプター・アジア・ホールディングも設立した。

最初の飛行ルートは、高層ビル群が集まる湾岸部一帯となる見込み。観光客を主なターゲットに据える。将来的には、国際路線を飛ばす計画もある。

今後3年でパイロットや技師、運航業務の専門家など約50人を確保する。2026年までにシンガポールで200人超の正社員を雇用する見込みだ。

ボロコプターはこれまで、シンガポールやドイツ、フィンランドなどで空飛ぶタクシーの試験飛行を実施してきた。昨年9月には同サービスの先行予約の第1弾として、1,000人限定で利用チケットを販売。価格は1フライト当たり300ユーロ(約3万8,000円)だ。

ボロコプターの広報担当者はNNAに対し、「シンガポールのサービス料金も当面は他国と同じ300ユーロ程度になる」と説明した。

シンガポールではこのほか、南洋理工大学(NTU)など国内の教育・研究機関と共同で、研究開発(R&D)事業にも取り組む。

ボロコプターは2年前からシンガポール政府の支援を受け、空飛ぶタクシー事業化の準備を進めてきた。19年には試験飛行を管理する拠点を開設。同年10月に湾岸部で試験飛行を実施していた。

ボロコプターの機材はヘリコプターのような見かけだが、ドローン(小型無人機)の飛行技術が用いられている。プロペラと充電式電池で駆動する完全に電動の飛行体で、環境に優しい「排ガスゼロ」の移動手段として注目されている。


関連国・地域: シンガポール欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:南部の大型商業施設を訪…(10/25)

全職場でワクチン接種義務化 来年1月から、経済活動再開へ(10/25)

入国規制緩和の対象拡大、26日深夜から(10/25)

東部2州、11月から接種済み入国者の隔離免除(10/25)

ジップエア、12月からシンガポール便増便(10/25)

ノジマの商業施設、コーツ店舗を先行開業(10/25)

東芝エネ、地下変電所向け変圧器を受注(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン