• 印刷する

【20年の10大ニュース】「コロナ禍」超え新たな成長へ

新型コロナウイルスが世界を襲い経済活動が停滞する中、ベトナムは水際対策をはじめとする厳しい封じ込め政策などが奏功し、累計の感染者は12月時点で約1,400人、死者は35人ほどに抑えることに成功した。2020年の経済成長率は2%台に減速する見通しだが、前年比でプラスを確保したことで、結果的に国際機関や投資家のベトナムの評価はさらに高まった。11月末には約3カ月ぶりとなる市中感染がホーチミン市で発覚したものの、迅速な対応を実施したことで、その後の市中感染は3人ほどにとどまる。

21年に焦点になりそうなのは、国際的な人の移動をどの程度許容していくかだ。ベトナム政府はPCR検査の精度をそれほど信頼しておらず、入国者には例外なく14日間の隔離を課している。「経済」と「衛生」のバランスをどのように捉え、これらの規制を緩める方向にかじを切っていくのか、投資誘致などの面から国内外の関心は高い。

ベトナムは新型コロナの抑制が成功し、2021年は経済の巻き返しを目指す。写真はホーチミン市

ベトナムは新型コロナの抑制が成功し、2021年は経済の巻き返しを目指す。写真はホーチミン市

【第1位】新型コロナ抑制に成功、再発にも有効に対処

【第2位】プラス成長実現、21年は6%台に復帰へ

【第3位】外国人の入国難しく、FDIは不振

【第4位】菅首相がベトナム訪問、初の外遊先に

【第5位】EUとのFTA発効、RCEPにも署名

【第6位】マツキヨや無印が進出、日系小売り攻勢

【第7位】新車販売が前年割れへ、業界回復は先行

【第8位】脱炭素にかじ、LNG開発の機運高まる

【第9位】観光業が打撃、新たな航空会社設立にも暗雲

【第10位】メトロの建設計画、コロナ禍が進捗に影響

【番外編】天災相次ぐ、南部や中部で干ばつと洪水


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン調達「リスク取る必要」、保健相(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

海外事業拡大先でベトナムは2位、ジェトロ(04/16)

バンブー航空、米国で3QにIPO計画(04/16)

タンカンハイフォン港、大型コンテナ入港可(04/16)

マツダの「CX―30」を投入、Thaco(04/16)

錦湖タイヤが越工場増強、北米向けでシフト(04/16)

ホアファット、1Qの粗鋼生産量が国内最大(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン