• 印刷する

11月新車、豪は急増・NZは減少幅が縮小

11月の新車販売台数は、オーストラリアが9万5,205台で前年同月比12.4%増と急増し、ニュージーランド(NZ)は1万1,889台で14.2%減だった。オーストラリアでは、31カ月ぶりに販売数が増加し、長期的な市場の低迷に終止符を打った。NZは前年の水準は依然下回っているものの過去数カ月に比べ減少幅は縮小している。

オーストラリアの新車市場でシェア52.5%を占めるスポーツタイプ多目的車(SUV)は、26.5%増の5万16台。一方、SUVを除く一般乗用車の販売は、10.1%減の2万711台だった。

州・準州・特別区別では、タスマニア州が10.9%減と減少したほかは全て増加し、◆北部準州(NT):32.9%増◆クイーンズランド州:19.5%増◆首都圏特別区(ACT):14.5%増◆ニューサウスウェールズ州:13%増◆西オーストラリア州:12.6%増◆ビクトリア州:9.1%◆南オーストラリア州:7.5%増――となった。

メーカー別ではトヨタが36.9%増となり2万3,204台で1位を維持。マツダは引き続き2位で、46.8%増の9,053台だった。

モデル別では、トヨタ「ハイラックス」が1位を維持したほか、トヨタ「ランドクルーザー」が4位に食い込み、上位5位のうち4モデルをトヨタが占めた。上位10モデルには、トヨタ「プラド」(6位)やマツダ「CX―5」(7位)、いすゞ「D―MAX」(8位)が入った。

自動車産業会議所(FCAI)のウェーバー代表は11月の結果について「販売傾向がさらに上向きとなっている」と評価。国境封鎖により海外旅行がかなわない中、資金を新車購入に回す人が多いと分析した。

■NZ年初来販売、当初予想上回る

NZの自動車産業協会(MIA)によれば、11月の車種別の新車販売台数は、SUVを含む乗用車が16.6%減の8,036台となり、商用車も8.5%減の3,853台だった。

メーカー別市場シェアでは、トヨタが19%で1位を維持し、フォード(13%)と三菱自動車(11%)が続いた。

モデル別では、フォード「レンジャー」が1位で、トヨタの新型「ハイラックス」が2位だった。

MIAのクロフォード代表は、「過去数カ月に比べると改善が見られる。年初来では22.5%減と、4月時点の予想は上回っている」と述べた。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:サンシャインコーストで…(01/27)

NZからの入国無隔離一時中止 豪、南ア変異種確認で決定(01/27)

新投資公社、海外から100億ドル出資へ(01/27)

ANA、シドニー週5便を4月19日まで延長(01/27)

コロナ下の豪企増資、個人投資家の利益縮小(01/27)

百貨店DJs、年末好調で半期売上高6%増(01/27)

豪の融資規制緩和、消費者は負債増リスクも(01/27)

〔政治スポットライト〕豪首相、中国と「条件なければ協議可能」(01/27)

豪州、年内に英・EUとのFTA締結が目標(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン